30代からの資産運用ブログ

高配当米国株とドル円両建てを主軸に安定した資産運用をするブログです。資産状況も公開します。

証券会社

【米国株移管】マネックス証券からSBI証券に移管した4つの理由

投稿日:

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

私には自慢が一つあります。よく同僚からも言われるのですが、誰にでも分け隔てなく接する事が出来ることです。

しかし同僚の目はハッキリ言って節穴です。私が誰にでも分け隔てなく接する事が出来ているように見えるのは、単純に空気が読めないから相手との距離感が分かってないだけなのです。

熱い自分語りが済んだところで本日の本題に入ります。

スポンサーリンク

 SBI証券で米国株式の入庫で移管手数料全額負担実施中

現在、SBI証券では他の証券会社から米国株を移管した顧客に対して、移管手数料全額負担をするキャンペーンを実施しています。

私の場合、SBI証券とマネックス証券の2社で米国株を保有しています。これを機に、SBI証券に纏めてしまうことにしました。(NISA口座はマネックス証券なのですが、この口座の株を移管するこは非常に面倒なので今回はやりませんでした)

そして先ほど書類を書き終えました!

このキャンペーンにより、私の場合、9720円が無料になりました。詳細は、マネックス証券から他の証券会社に移管する手数料が1銘柄あたり3240円です。私の場合VOO、VYM、PMの3銘柄を移管したので、合計9720円です。

キャンペーン期間は、2017/5/30(火)~2017/7/31(月)です。この期間内にSBI証券に米国株式の入庫が完了したものが対象となります。移管手続き完了までに長くて2週間程度かかるようですので、移管する予定の方はお早目に実施してください。(SBI証券米国株移管キャンペーン詳細)

スポンサーリンク

SBI証券に移管した4つの理由

では、マネックス証券からSBI証券に移管した理由を記載します。

  • ①米国株の売却時に日本円に戻す際の為替手数料が他の証券会社に比べ安い
  • ②カストック(貸し株制度)を利用することで保有株で貸し株金利を貰うことができる
  • ③7月にSBI証券でも米国株式の成行注文を実装予定
  • ④他の証券会社に必ず対抗して各種手数料を下げてくる姿勢

それぞれについて見ていきます。

①米国株の売却時に日本円に戻す際の為替手数料が他の証券会社に比べ安い

米国株は「購入時」と「売却して日本円に戻すとき」の両方で証券会社に為替手数料と取引手数料を支払う必要があります。SBI証券はその2つの手数料が現状では一番安い証券会社です。(2017/6/18時点)

現状で米国株を保有している方に考慮頂きたいことは、もし米国株を日本円に戻すことになった場合に、戻しの手数料が一番安いのはSBI証券であるということです。

以下に米国株を取り扱っている大手証券会社3社の手数料比較の記載します。

手数料比較 SBI マネックス 楽天
外国株式 住信SBIネット銀行経由 SBI FX経由 (最低1万通貨以上の取引要)
米国株購入時 為替手数料
(単位:銭)
25 15 0.5 25 25
取引手数料
(単位:米ドル)
約定代金の0.45%
(最低:5米ドル、上限:20米ドル)
約定代金の0.45%
(最低:5米ドル、上限:20米ドル)
25
米国株を売却して
日本円に戻すとき
為替手数料
(単位:銭)
25 15 不可 25 25
取引手数料
(単位:米ドル)
約定代金の0.45%
(最低:5米ドル、上限:20米ドル)
約定代金の0.45%
(最低:5米ドル、上限:20米ドル)
25

大手3社の中で、現状で一番安い売買手数料を実現する方法は上図の赤字です。実際に私はこの方法で米国株売買を行っています。分かりにくいと思いますので具体的に記載します。

  • 米国株購入時

Step1) SBI FXで米ドルで1万通貨(※)以上を購入する

    →為替手数料:0.5銭

     (※…1ドルを1通貨として見なしますので、1万通貨とは現在のレートで約110万円分以上の取引)

Step2) SBI FX口座からSBI外国株式口座にドルを現引きする

Step3) SBI外国株式口座で米国株を買い付ける

    →取引手数料:約定代金の0.45%(最低:5米ドル、上限:20米ドル)

  • 米国株を売却して日本円に戻すとき

Step1) SBI外国株式口座で米国株を売却する

    →取引手数料:約定代金の0.45%(最低:5米ドル、上限:20米ドル)

Step2) SBI外国株式口座から住信SBIネット銀行に外貨出金をする

    →為替手数料:15銭

 

②カストック(貸し株制度)を利用することで保有株で貸し株金利を貰うことができる

SBI証券ではカストックと呼ばれる貸し株制度があり、保有する米国株を証券会社に貸し出すことができます。これにより貸し株金利を貰うことができます。

※詳細については以下の記事で纏めておりますので、よろしければ参照いただければと思います。
【信託報酬】バンガードETFの経費率を0%にする方法【無料・タダ】

 

③7月にSBI証券でも米国株式の成行注文を実装予定

私の独断と偏見ですが、SBI証券は使い勝手で他の証券会社に2つ劣後しているものがあります。

  • 米国株の株価が15分遅れの表示になっている

SBI証券のリアルタイムの株価表示はオプションで1ヶ月で500円も取られます。本当に呆れるくらい商魂逞しい奴です。対策として私は米国Yahoo financeでリアルタイムの株価を確認しています。こちらは勿論タダです。

※米国Yahoo financeの使い方は以下の記事を参照頂ければと思います。
【米国株】複数の証券会社の銘柄を一括で管理する方法
アメリカのYahoo financeでのカスタムポートフォリオ作成方法

  • 成行注文ができない

→成行注文とは、欲しい銘柄の購入の注文を出す際に「いくらで買う」という値段を指定しない注文のことを言います。これにより、注文した瞬間の売りと買いがマッチングしている値段で購入することができます。

私は貧乏症なので、現状のSBI証券の注文方式である指値注文(※)ですと、どうしても現在値よりも少し安い価格で買おうとしてしまいます。その結果、欲しい銘柄が指値に引っかからず買えないことが多々ありました。

(※…欲しい銘柄の購入の注文を出す際に「いくらで買う」という値段を指定する注文のこと)

正直、次の日の仕事を考えると夜間の米国市場に張り付きたくないのです!さっさと成行注文で買って寝たいのです!

という訳で、7月に成行注文が実装されることは非常にありがたいです。これにより私のなかでSBI証券が他の証券会社に劣後する要因はなくなります。

 

④他の証券会社に必ず対抗して各種手数料を下げてくる姿勢

米国株を取り扱っている大手3証券会社の中で、マネックス証券が取引手数料が一番安かったのですが、2016年7月にSBI証券がこれを追撃するかたちで同値にしました。

今回も、他の証券会社から顧客のシェアを奪うために、このキャンペーンを打ち出してきました。

この姿勢をわれわれ顧客も評価すべきだと考えます。なぜなら他の証券会社に徹底対抗する姿勢が見えることは、他の証券会社がいいプランを打って出して来た際に、SBI証券も追随する可能性が非常に高いためです。

おまけ:SBI証券のしたたかさ

おまけですが、SBI証券は他の証券会社から見ると物凄く嫌らしい奴です、以下の日本証券業協会の制度改正についてのトピックをご覧ください。

2015/6/1(月)より、日本証券業協会の制度改正に伴い、外国株式(米国株式・中国株式)の移管・入出庫手続きが変更になります。
従前は、お客さまが外国株式(米国株式・中国株式)の移管元証券会社からSBI証券への入庫をご希望の場合は、SBI証券が作成した「外国証券移管依頼書」を、SBI証券へご提出いただくことで、お客さまの入庫手続きを行ってまいりましたが、このたびの改正に伴い、お客さまが外国株式(米国株式・中国株式)の移管元証券会社からSBI証券への入庫をご希望の場合は、移管元証券会社へ移管元証券会社仕様の「外国証券移管依頼書」をご請求いただき、移管元証券会社へご提出いただく移管手続きへと変更となります。

–SBI証券ホームページから

2015/6/1の日本証券業協会の制度改正を受けて、外国株式を移管する場合は移管元の証券会社で資料作成及び提出することになりました。制度改正前は移管先の証券会社でその責を負っていました。

要は、制度改正に合わせてSBI証券はこの移管キャンペーンを打つことで、その他の証券会社の事務作業を増やす上に、自分たちの手を煩わせることなくSBI証券に顧客を取り込むことができるのです。嫌らしいですね。

しかし、私はこのような嫌らしさは大好きなので、SBI証券をありがたく使わせていただきます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援いただけると更新の励みになります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-証券会社
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【信託報酬】バンガードETFの経費率を0%にする方法【無料・タダ】

皆様、いかがお過ごしでしょうか。 日曜日に髪を切りました。 その際に美容師の方に「すごいM字ですね!気にならないのですか?」と言われました。 気になりますよ…あなたに言われなくても知ってるし… でも、 …

検索


アラサー男ミゲルと申します。

現在の資産(2017年5月末時点)は、\51,007,335で投資奮闘中です。
→詳細自己紹介
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ