30代からの資産運用ブログ

高配当米国株とドル円両建てを主軸に安定した資産運用をするブログです。資産状況も公開します。

投資日記

バフェット銘柄に潜む危険性

投稿日:2017-05-14

 

皆様、こんばんは。

チェリーコークを飲んでみたいのですが、日本では発売されていないようですね。ドクターペッパーなどのジャンクな飲み物が好きなので、飲んでみたらハマりそうな気がします。

今日はチェリーコークが大好きなあの人の話です。

スポンサーリンク

バフェットのIBM売却の衝撃

2017年5月5日に著名な投資家であるウォーレン・バフェットは、投資家を驚かせるニュースを発表しました。それは自身が会長を務めるバークシャー・ハサウェイ社が保有するIBMの株式の1/3を売却したことでした。売却前で8,120万株ほど保有していたので、売却後には5400万株程度にポジションが縮小されました。それでもが現在保有しているIBMの株式評価額は、81億2000万ドルと半端ではない額ですが。

これを受けて、IBMの株価は大幅な下落をしました。

参照先:米Yahoo finance

バフェットがIBMの株式売却を発表した5/5から5/14(現在)までで、IBMの株価は158.92ドルから150.34ドルまで下落しています。下落率にして5.4%です。

 

バフェットは投資家なので、当たり前のことですが極力自分が損をしないことを考えています。そのため、バークシャー・ハサウェイが保有していた大量のIBM株は少しずつ株価を下げないように慎重に売られていったはずです。売却した時期については推し量るしかないですが、IBMの決算前から決算後にかけてだと思われます。図の左側の箇所で170ドルから160ドルに株価が下落しているのは、4/19の決算内容が奮わなかったためです。

参照先:米Yahoo finance

バフェット銘柄という安心感から、4/19の決算以降でIBMを購入した方もいらっしゃると思います。皮肉なことにバフェットに信頼を置いている投資家に対して、バフェットは高い値段で株を売り逃げしていった形に見えます。

このことに関して、バフェットは一般投資家を裏切った悪人でしょうか?

答えはNoです。それは彼が自身が会長を務めるバークシャー・ハサウェイ社の利益を最大化することが、彼の義務だからです。もし彼が「これからIBMを売るつもりだ」などと発言すれば、バークシャー・ハサウェイ社は有利な価格でIBM株を売却できなくなってしまいます。これは、バフェットが経営者としてバークシャー・ハサウェイの株主を裏切る行為なので当然やるべきではありません。

また、今のアメリカ市場の投資家の中で、バフェットはあまりにも大きくなり過ぎてしまった存在です。バフェットは市場という海の中でのクジラです。動けば大波が立ち、周りの魚はそれに翻弄される。彼の作為、不作為の如何に関わらず、彼が動けば市場が動いてしまうのです。

 

スポンサーリンク

バフェット銘柄に潜む危険性

バフェットがIBM株の1/3売却を発表してからの5.4%株価下落は、バフェット保有銘柄の格付けでIBMのランキングが下がったことを反映した結果です。それだけで、ここまで値を下げてしまうのです。

その点から考えると、バフェットが保有している銘柄には「バフェット銘柄である」という期待感が株価に織り込まていることを無視してはいけません。

我々がバフェット銘柄を保有することは、その企業の業績不振による株価下落と、バフェットの評価で株価が下落するという2つのリスクを抱えていることを認識しなければなりません。

手前味噌な話ですが、IBMに関して5/4に以下のような記事を書いているので宜しければ見て頂ければと思います。
米国ハイテク株の買いはこれだ!

 

バフェット銘柄はどのように考えるべきか

では上記で記載した2つのリスクを鑑みて、バフェット銘柄を買うことはダメなことでしょうか?

答えはNoです。自分なりの意見を持たずに、バフェット銘柄だからという理由で買うことがダメなことであると私は考えます。

バフェット銘柄は過去のパフォーマンスを見ると株主に素晴らしいリターンを生んでいる銘柄ばかりです。バフェットは何故その銘柄を選んだのかを自分なりに考えて、そこに自分の意見をプラスして買う or 買わない の判断を下すべきです。

以下のように、ウォーレン・バフェットはちゃんと投資家に向けて、考えることを放棄することに対しての警鐘を鳴らしてくれています。

リスクとは、自分が何をやっているかよくわからないときに起こるものです

ーウォーレン・バフェット

Br ミゲル
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村米国株のポータルに飛びます、押して頂けると応援ポイントが入ります、よろしければお願いいたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-投資日記
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

一年間のうちでNISA口座枠をいつ使い切ることが良いか

皆様、いかがお過ごしでしょうか。 私には日課があります。夜の20:55に近くのスーパーに行きます。目的は「出待ち」をするためです。 その方は見た目、小日向文世さんを白髪交じりにしたような面影のある。ダ …

【AAPL,FB,MSFT】近い未来ではBIG5の牙城を崩せる企業がでないと思う理由2【AMZN,GOOGL】

皆様、いかがお過ごしでしょうか。 更新が遅くなり、大変申し訳ありません。 画像はキン肉マンから、インドの超人カレクックです。残虐超人として登場し、その後は正義超人に転向します。彼が残虐超人になってしま …

【配当考察】「権利付き最終日」と「権利落ち日」のどちらで株を購入することがよいか

  みなさま、こんばんは。 毎月の積み立てで株式に投資していると、ちょうど株式の購入日が配当の確定日の近辺になる経験がありました。その場合に「権利付き最終日」と「権利落ち日」のどちらで株を購 …

米国ハイテク株の買いはこれだ!

  皆様、白い鯛焼きをご存じでしょうか? 10年くらい前にブームになりました。私は白い鯛焼きが好きです。初めて食べたときに、餡のチョコレートともちっとした食感の皮の相性にびっくりしたものです …

【MO-2017株主総会サマリー】株価上昇中のアルトリアはアンハイザー・ブッシュ・インベブの大株主【BUD】

皆様、いかがお過ごしでしょうか。 仕事が帰りに、バドワイザーを片手にLARKを一吹かしする。私にとっては最高の瞬間です! では、それらはどこの会社が製造しているのでしょうか? バドワイザーは、ベルギー …

検索


アラサー男ミゲルと申します。

現在の資産(2017年5月末時点)は、\51,007,335で投資奮闘中です。
→詳細自己紹介
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ