30代からの資産運用ブログ

高配当米国株とドル円両建てを主軸に安定した資産運用をするブログです。資産状況も公開します。

投資日記

【ベライゾンとAT&Tを比較】VZを購入した理由

投稿日:2017-05-20

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

突然ですが「遠く遠く」という曲をご存じでしょうか?

1992年の槇原敬之さんの曲ですが、私は大好きでよくカラオケで歌います。私がこの曲を知ったのは、新垣結衣さんが出演していたNTT東日本のCMでした。

CMのキャッチコピーが「すべては、つながらない人をつくらないために。」です。この言葉のかっこよさに一発でやられてしまい、今その業界に身を置いています。

それでは本題に移ります。アメリカの最大手通信事業者であるベライゾン(VZ)を購入しました。本日はベライゾンとAT&Tの比較してVZを選んだ理由を記載したいと思います。

スポンサーリンク

ベライゾン(VZ)購入

毎月の買い付けの時期が来ましたので、5/17にベライゾンの株式を購入しました。

・300株@44.84

・4株@44.54 (NISA)

合計で、304株で$13,631(\152万円)となります。中途半端な4株については、NISA口座に配当が振り込まれていたので、それで買いました。

 

スポンサーリンク

現在のアメリカの通信事業者の状況

まず、現状のアメリカの通信事業者の状況から見ていきましょう。

アメリカの通信事業は大手2社が拮抗している状態にあります。ベライゾンとAT&Tです。Tモバイルとスプリントは出遅れています。

 2017/5/19 現在 ベライゾン AT&T Tモバイル スプリント
加入者数

 (2016年、単位は百万人)

143.8 133.3 69.3 59.1
2016年、売り上げ
(2016年、単位は10億ドル)
125.98 163.79 37.24 32.18
2016年、利益
(2016年、単位は10億ドル)
13.13 12.98 1.46 -2
株式時価総額 183.65B 233.49B 55.55B 32.16B
ベータ値 0.59 0.43 0.19 0.61
PER 15.06 18.57 34.34 -26.62
EPS 2.99 2.05 1.95 -0.3
配当 & 配当利回り 2.31 (5.19%) 1.96 (5.23%) 0.00 (0.00%) 0.00 (0.00%)

加入者数では、Tモバイルとスプリントを足しても、大手2社のいずれにも及びません。利益に至っては、Tモバイルとスプリントは大手2社に比べ1/10程度です。

Tモバイルとスプリントは統合を検討しており、統合して現状の2強体制の牙城を崩せるかに注目が集まっています。しかし現時点では、統合の青写真も固まっておらず、仮に統合したとしても直ぐに2強に切り込める状態にはならないと考えます。

 

AT&Tと比較しベライゾンを購入した理由

通信事業セクターの買いの候補として、安定したリターンを望むのであれば、やはりベライゾンとAT&Tに絞られます。

2社の直近5年(2012/5/1~2017/5/19)の配当込リターンを計算すると以下のようになります。

・ベライゾン 113.9%

・AT&T    117.6%

 

AT&Tが勝りました。しかし私はベライゾンを買いました。

 

その理由は5G規格を見越した周波数帯をAT&Tに先んじてベライゾンが獲得したためです。

 

5/11にベライゾンがストレートパス・コミュニケーションズ(ティッカー:STRP)を31億ドルで買収したニュースが流れました。STRPは28GHzと39GHzのミリ波周波数帯の合計868本のライセンスを持っています。これは上記の周波数帯で全米をカバーできる数になります。これらが全てベライゾンのものになったのです。

米Yahoo financeの掲示板をみたところ、コメントの大勢が「高すぎる買い物」というものでした。実際に買収が合意に至った日(5/11)は、ベライゾンの株価は前日比0.41ドル(0.9%)下落し、一時45.97ドルとなりました。

しかし、私は「高すぎる買い物」だとは思いません。ベライゾンの買収が決まる1ヶ月前、4月中旬の時点ではAT&Tが16億ドルでSTRPを買収する意向を示していたのです。AT&Tも喉から手が出るほど、この周波数が欲しかったのです。

なぜ両社はそこまでして、この周波数を獲得したかったのでしょうか?

ベライゾンが獲得した28GHzと39GHzのミリ波周波数帯は、特長として既存のモバイル通信に利用されている周波数と比較して非常に大容量のデータを伝送することができます。これからスタートする5Gは「高速大容量」「同時多接続」「低遅延」を実現させるための規格で、この周波数帯の特長が活かせるのです。

少し脱線しますが、では、なぜ今までこの周波数帯が使われてこなかったかを疑問に思われる方もいらっしゃると思います。それは、この周波数帯は天気の影響を受けやすく、悪天候では遠くまで電波を伝送できないデメリットのためでした。しかし、現在ではそれを克服する技術が存在しています。乱暴に説明すると、基地局から携帯電話への電波を鋭く飛ばして伝送能力を上げています。

本題に戻ります。5Gの設計思想に合致した周波数帯を獲得したことによってベライゾンは、5Gの導入でAT&Tを含む他の事業者に対してイニシアティブを取れると考えています。これから各企業がIoT製品を導入する流れの中でこのイニシアティブは大きいです。

また、AT&Tが大金を積んでまでこの周波数帯を獲得に乗り出していたことを考えると、28GHzと39GHzのミリ波周波数帯に合わせた基地局設計や基地局を動かすためのソフトウェア設計を既に実施済みであったと考えます。それを考慮するとAT&Tは単に周波数帯の獲得を逃しただけではなく、5G規格対応のハードウェアやソフトウェア設計の見直しをしなければならず、その費用はこれから計上されてくると考えています。
Br ミゲル
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村米国株のポータルに飛びます、押して頂けると応援ポイントが入ります、よろしければお願いいたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-投資日記
-, , , ,

執筆者:


  1. いつも非常に示唆に富んだ記事を楽しませて頂いています。
    先日AT&T株を購入しましたが、VZもぜひ投資したいと思うようになりました。
    スマホやIoTの普及を考えると、5Gの覇権争いは今後も目が離せないですね。

  2. ミゲル より:

    us_stock_investorさん
    こんばんは

    いえいえ、このようなブログを読んでくださり、こちらこそありがとうございます。
    ブログの中でVZをやたら推していますが、AT&Tもすごく魅力的でした。迷った末でVZを選択しました。正直、私が本記事で述べたことなど、将来の2社のパフォーマンスに0.1%も影響を与えないかもしれないです。IoTや5Gが導入されたのち、どの事業者が勝者になるかは蓋を開けてみないと誰も分からないです(笑)

    しかし、AT&TもVZも投資家にマイナスのリターンとなることはないと、99%の確信を持って言えます。

    話は脱線しますが、沖縄と北海道の方が携帯電話同士で通話した場合、電波が空中を飛んでいる区間は5キロにも満たないです。この無線区間は、携帯電話で通話している人から最寄りの基地局までの区間です。それ以外の区間は有線のネットワーク網に電気信号を走らせて通話情報を伝送している区間になります。沖縄から北海道まで電話した場合の3000キロのほとんどが有線区間となります。携帯電話事業者各社は各々でこの有線ネットワークを保持し整備しています。米国も同様です。

    上記でお話した有線区間のネットワーク網こそ、他社が参入する際に強力な障壁となるものです。VZもAT&Tも築き上げた有線ネットワーク網が経済的な堀となって、これから先も高確率で投資家に安定したリターンを与えてくれる企業であると思っております。

    また私も常々、us_stock_investorさんのブログを拝見し勉強させていただいております。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【米国株】複数の証券会社の銘柄を一括で管理する方法

皆様、こんにちは。 1年間の中で労働者にとって辛い時期が来ましたね。70日間の祝日がない地獄の毎日です。私はこの時期を「祝日ラマダーン」と呼んでいますが、定着する気配はありません。 それはさておき、現 …

米国ハイテク株の買いはこれだ!

  皆様、白い鯛焼きをご存じでしょうか? 10年くらい前にブームになりました。私は白い鯛焼きが好きです。初めて食べたときに、餡のチョコレートともちっとした食感の皮の相性にびっくりしたものです …

一年間のうちでNISA口座枠をいつ使い切ることが良いか

皆様、いかがお過ごしでしょうか。 私には日課があります。夜の20:55に近くのスーパーに行きます。目的は「出待ち」をするためです。 その方は見た目、小日向文世さんを白髪交じりにしたような面影のある。ダ …

【AAPL,FB,MSFT】近い未来ではBIG5の牙城を崩せる企業がでないと思う理由1【AMZN,GOOGL】

皆様、いかがお過ごしでしょうか。 今から約25年前に週刊少年ジャンプに連載されていた「ダイの大冒険」から、私の一番大好きなキャラであるポップです。物語の序盤では仲間を見捨てての敵前逃亡なんて当たり前の …

【前編】初心者が米国株投資をすべき理由-プラスサムで勝負-

今日、高校時代の友人と麻雀をしました。結果は-4000くらいでした。麻雀の結果は奮いませんでしたが、日ごろの仕事の嫌なことを一掃してくれる楽しい時間でした。 さて、この麻雀というゲームですが、ゼロサム …

検索


アラサー男ミゲルと申します。

現在の資産(2017年5月末時点)は、\51,007,335で投資奮闘中です。
→詳細自己紹介
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ