30代からの資産運用ブログ

高配当米国株とドル円両建てを主軸に安定した資産運用をするブログです。資産状況も公開します。

投資日記

突発的な米国市場下落時に株を買い込むための効率的な資金待機方法

投稿日:2017-06-21

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

最近、2歳になる姪っ子がお片付けを覚えました。例えば、鼻をかんだティッシュをゴミ箱まで自分で持って行って捨てます。その姿はとても可愛らしく、見ていてほのぼのした気持ちになります。

そんな姪っ子が今大好きなのはアンパンマンです。この前、姉の家族と一緒にファミレスに行った際に、アンパンマンのガチャガチャがちょうど入口近くに設置されていました。私は姪っ子を喜ばそうと、ガチャガチャを回し景品を手にとり、姪っ子にプレゼントしました。

姪っ子は嬉しそうに「おいちゃん、あいがとうー」と舌足らずに言って、景品を手に取りました。

景品を握りしめると、その足で…

ゴミ箱にポイッ!!!!

義兄の顔が凍り付いていましたね(笑)

義兄には「気にしないで大丈夫ですよ」と声を掛け、心の中では「またか」と嗚咽しました。女性にプレゼントを捨てられるのには慣れています…

前置きが長くなりましたが本題です。

スポンサーリンク

フラッシュクラッシュは起こりやすくなっている

フラッシュクラッシュとは

株式市場ではフラッシュクラッシュと呼ばれる現象が年に数回発生します。これが発生すると、市場全体が突発的に数%の下落します。しかし数日後には下落分を取り戻して何事もなかったかのように市場が平穏な状態に戻ります。これが発生する原因は要人発言、ディーラーの誤発注など多岐に渡ります。

記憶に新しい例では、2016年6月24日、イギリスでEU離脱の国民投票が挙げられます。国民投票の結果、イギリスのEU離脱(Brexit)が決定しました。これを受けて米国株式市場は全面安となりました。米国市場全体の騰落を測る指標としてS&P500を元にすると、前日2113.32を付けていたものが、Brexitを受けて2037.41に急落しました。前日比3.6%の下落です。

しかし週明けから下落した株価はグングン回復し、1週間たたずにBrexit前の水準まで戻しました。

フラッシュクラッシュは起こりやすくなっている

フラッシュクラッシュは現代のほうが起こりやすくなっています。理由は高演算ができるコンピュータが出現したことによる、アルゴリズム取引の活発化のためです。

アルゴリズム取引とは、コンピュータによって行われる超高速取引のことを言います。コンピュータに事前に「xx銘柄がyyドルを下回ったら一斉に売り注文を出す」といったプログラムをしておき、この閾値に引っかかると、人の手を介さず一斉に売り注文が出される仕組みです。実際にはもっと複雑なロジックが組まれています。

これにより、人の思惑による少しの株価変動が、アルゴリズム取引の引き金を引いてしまい、大きな株価変動に繋がってしまうことが増えています。これがフラッシュクラッシュが増加する一因となっています。

 

私は強欲でギャンブル狂なので、このようなフラッシュクラッシュが起きるとウズウズしてしまいます。なんかこう…買いたい!っていう魂の叫びが聴こえるんですよ…

スポンサーリンク

年利2.8%を確保しながらフラッシュクラッシュに備える

フラッシュクラッシュ発生時に日本人投資家は不利

米国市場のフラッシュクラッシュ時に株を買いたいと思ったときに、我々、日本人の投資家は少し不利です。なぜなら米国株を買い付ける際には、日本円を米ドルに換えて、その米ドルが米国株の買い付け余力に反映されることを待つことになるためです。

フラッシュクラッシュが起きてから、上記の手順をやっていたら、間に合いません。

では、どうするか?

米国株の口座にドルを持って待機させておけばよいです。

しかし…

これだと金利もつかないし、単純に資金を寝かせてしまうことになります。少し非効率だと思いますので、考えました。

VGSH(バンガード 米国短期政府債券 ETF)を使って資金を待機

フラッシュクラッシュに備えた資金待機の方法を端的に説明します。VGSHを買っておき、米国市場急落時にこれを売り欲しい銘柄を買うのです。

VGSHを資金待機のための銘柄として選んだ理由は以下です。

  • 債券ETFの中でもボラティリティが特筆して低い
  • 相場急落時にはS&Pと逆相関の動きとなる
  • SBI証券の貸し株制度(カストック)を利用すると、VGSHを持っているだけでも年利2.8%を実現できる
  • 毎月配当なので、いつ売っても配当の貰い損ないがない

まずは、以下の図を見てください。

VGSH(青線)とS&P500(緑線)の一年間のチャートです。

非常に図が見づらくて申し訳ないです…

まず注目してほしいのが、VGSH(青線)のボラティリティの低さです。ほとんど直線です。直近一年では、最高値が2016/7/5の60.88で、最安値が2016/12/5の60.31です。最高値と最安値で1%未満の動きしかしていません。安定度は抜群です。

次に図で赤矢印と丸を打ったところをご覧ください。この一年で相場が急落したポイントにつけています。相場急落時にはVGSHの赤丸で囲んだ箇所がスパイク的に上昇していることが分かります。これは、VGSHが債券であるためリスクオフのときに資金の逃げ先になるためです。

フラッシュクラッシュ発生時にVGSHを売ると利益が出るパターンが多くなると考えます。その資金をもとに急落した欲しい銘柄を買うのです。

 

次にVGSHの想定利回りサマリーを以下に記載します。

貸し株金利はSBI証券でカストックを利用した際のものを記載しています。

銘柄名 銘柄コード 経費率 (A) 貸し株金利 (B) 配当利回り (C) 差し引き   (A)+(B)+(C)
バンガード 米国短期政府債券 ETF VGSH -0.07% 2.00% 0.89 2.82%

経費を考慮に入れても、今日(6/21)時点で年間利回り2.82%を想定することができます。資金待機のための運用でこのパフォーマンスは良いのではと考えております。(※念のため、配当と貸し株金利は現時点の数値です、将来に渡って保証される訳ではないので、そこだけは留意しておいてください)

 

また、VGSHの配当は月一回支払われます。カストックの貸し株金利については毎日支払われます。そのため米国市場急落時に売却しても配当の貰い損ないが発生しません。

※カストックについては以下の記事でも纏めております、興味があればご覧ください。
【信託報酬】バンガードETFの経費率を0%にする方法【無料・タダ】

 

私見ですが、FRBがバランスシートの縮小を示唆しているために理論的には債券が買われやすくなり、現状でVGSHを買っておくと、これから若干の値上がり益まで見込めるのではと考えております。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援いただけると更新の励みになります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-投資日記
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【MO-2017株主総会サマリー】株価上昇中のアルトリアはアンハイザー・ブッシュ・インベブの大株主【BUD】

皆様、いかがお過ごしでしょうか。 仕事が帰りに、バドワイザーを片手にLARKを一吹かしする。私にとっては最高の瞬間です! では、それらはどこの会社が製造しているのでしょうか? バドワイザーは、ベルギー …

no image

本日は保有銘柄のアルトリアの決算、さてどなるか

本日は米国株保有銘柄のひとつであるタバコ事業を営むアルトリア(MO)の決算です。 さて、どうなるか?   アルトリアからのスピンオフ企業であるフィリップモリス(PM)は、 2017/1Qの決 …

米国ハイテク株の買いはこれだ!

  皆様、白い鯛焼きをご存じでしょうか? 10年くらい前にブームになりました。私は白い鯛焼きが好きです。初めて食べたときに、餡のチョコレートともちっとした食感の皮の相性にびっくりしたものです …

【米国株】複数の証券会社の銘柄を一括で管理する方法

皆様、こんにちは。 1年間の中で労働者にとって辛い時期が来ましたね。70日間の祝日がない地獄の毎日です。私はこの時期を「祝日ラマダーン」と呼んでいますが、定着する気配はありません。 それはさておき、現 …

【6月定期買い付け】VOOを購入した3つの理由

皆様、いかがお過ごしでしょうか。 明日、6月26日は「露店風呂の日」です。これは昭和62年6月26日に岡山県の湯原温泉が制定したもので、「ろ(6)てん(・)ぶ(2)ろ(6)」という語呂合わせから来てい …

検索


アラサー男ミゲルと申します。

現在の資産(2017年5月末時点)は、\51,007,335で投資奮闘中です。
→詳細自己紹介
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ