30代からの資産運用ブログ

高配当米国株とドル円両建てを主軸に安定した資産運用をするブログです。資産状況も公開します。

投資日記

【MO-2017株主総会サマリー】株価上昇中のアルトリアはアンハイザー・ブッシュ・インベブの大株主【BUD】

投稿日:2017-06-01

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

仕事が帰りに、バドワイザーを片手にLARKを一吹かしする。私にとっては最高の瞬間です!

では、それらはどこの会社が製造しているのでしょうか?

バドワイザーは、ベルギーの酒類メーカーであるアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ティッカー:BUD)が販売しているビールです。この企業のビール飲料シェアは全世界の3割にも及んでいます。酒類メーカーとしては世界一の規模を誇ります。

LARKは、アメリカのタバコメーカーであるアルトリア(ティッカー:MO)が販売しているタバコです。日本での販売はアルトリアからスピンオフされた兄弟企業であるフィリップモリス(ティッカー:PM)が行っています。アルトリアとフィリップモリスの売り上げを合わせるとタバコメーカとしては世界一となります。

今日はそんな酒とタバコの話です。

スポンサーリンク

アルトリア(MO)の株価が最近上昇している理由

直近6ヶ月間のアルトリア(MO)の株価の推移

まず、6ヶ月間のアルトリア(MO)の株価をご覧ください。

参照先:米Yahoo finance

2016/3/10に、1株あたり76.45ドルを記録しました。しかし、3/31に71ドル台に低下し、低調なまま5月に入ると、70ドル台に腰を落ち着けてしまいました。そんなMOが目を覚ましたのが、5/19です。ここから一気呵成で昨日(5/31)の23時時点では、75.22ドルまで株価を上げてきています。

株価上昇の理由

株価上昇の理由は2つあります。

  • 2017年の株主総会が開かれ、内容に好感が持たれたこと。
  • FDA(アメリカ食品医薬品局)によるiQOSの健康や環境への影響調査が終わり、販売フェーズに移行する算段が立ったこと。

それぞれについて見ていきましょう!

スポンサーリンク

アルトリア(MO)の2017年の株主総会サマリー

まずは株価を上昇させた理由の1つ目のアルトリア(MO)の株主総会の内容から見てゆきましょう。

株主総会のサマリー

  1. 調整後EPS(一株あたり利益)が8.2%の上昇。2015年が2.8ドルだったものが、2016年は3.03ドルとなった。
  2. 一株当たりの配当が8%の上昇。2015年が2.26ドルだったものが、2016年は2.44ドルとなった。
  3. 各種格付けで高い評価を得ている。S&PでA-、MOODY’SでA3、FitchRatingsでA-。
  4. アンハイザー・ブッシュ・インベブ(BUD)の株式の10.2%を保有し、大株主である。
  5. タバコの健康や環境への害を低下させる努力をしている。

どれも株主にとっては好感の持てる材料ですね。ちなみに株主総会が開かれたのが5/18です。これらの材料が2ヶ月に渡り冴えなかったMOの株価を大きく押し上げることに寄与しました。先ほど図で示しました通り、株主総会の翌日である5/19から株価が上昇を開始しています。

アルトリア(MO)はアンハイザー・ブッシュ・インベブ(BUD)の大株主

前述の株主総会の内容で、私が注目したのは以下のトピックです。

4.アンハイザー・ブッシュ・インベブ(BUD)の株式の10.2%を保有し、大株主である。

私は初耳で凄くビックリしました。これを見てアルトリア(MO)を買い増ししようかと思いました。(私の保有銘柄は2017年4月末の資産公開-その2をご覧ください)

何故かというと、BUDをポートフォリオに組み込みたいと思っていたからです。その理由に他社が業界に参入するときに障壁となる深い経済的な堀をもっているからです。酒ような嗜好品でブランド銘柄を有している企業は、他社がこれに参入してシェアをひっくり返すのは容易ではありません。BUDに関してもバドワイザーやコロナビールのブランドは他を寄せ付けない力を持っています。

また酒類メーカーについては、ブランド銘柄が安定した売り上げを出します。これにより新商品の開発に注力する必要がないため、キャッシュフローは潤沢です。もちろん新商品の開発への努力を企業として怠るべきではないです。あくまでも商品の特性上、ブランド力で商売ができてしまうということです。

その上、BUDの株について見てみると、直近の配当利回りは3.75%もあるのです。

他社を寄せ付けない深い経済的な堀を持っている高収益企業で、株は高配当銘柄ときたら…欲しい!と思ったのですが、BUDは購入には至らなかったです。理由は税金がリターンを吹っ飛ばすくらいに高いからです。

仮にBUDから税抜き前で1ドルの配当を貰うと、実際に手元に入るのはザックリで0.56ドル程度です。

=========上記の配当の計算方法=========

1. 税抜き前配当が1ドル ー 海外源泉税率30% = 0.7ドル

2.上記の0.7ドル ー 国内税率20% = 0.56ドル

参考にさせてもらったサイト:BUD(ベルギー、米国ADR)の海外源泉税率
===============================

アルトリア(MO)はアンハイザー・ブッシュ・インベブ(BUD)の配当を優遇されて享受できる

ここでアルトリア(MO)がアンハイザー・ブッシュ・インベブ(BUD)の株式を10.2%も保有しているということは、当たり前ですがMOはBUDが全株主に出す配当の10%超を得ることができます。しかも、これには海外源泉税率30%が掛からない特約付きなのです。

Altria’s increased investment in AB InBev supports its strategy of managing diverse income streams to deliver consistent financial performance over time. In addition, for ownership levels at or above 10%, Altria is entitled to foreign tax credits available in connection with the dividends Altria receives from AB InBev, as it was with its former SABMiller investment.

-Altria Press Releaseより

私たちもMOの株を保有することで、間接的にではありますがBUDからの利益を享受することができるのです。

アルトリア(MO)がアンハイザー・ブッシュ・インベブ(BUD)の大株主になった経緯

もともと、アルトリア(MO)は英国の酒類メーカーであるSABミラーの大株主でした。2016年当時、SABミラーはビールのシェアで全世界の10%を誇り、酒類メーカーではアンハイザー・ブッシュ・インベブ(BUD)に次ぐ2位でした。それが、2016年10月にBUDがSABミラーを買収しました。MOが大量保有していたSABミラー株は、プレミアムが付いた状態でBUD株に変更されました。これによりMOはBUDの大株主になったのです。

FDA(アメリカ食品医薬品局)によるiQOSの影響調査終了

次に株価を上昇させた理由の2つ目のFDAによるiQOSの影響調査終了を見てゆきましょう。

以下は、5/26のAltria Press Releaseです。

Yesterday, the FDA published the executive summary and research summaries supporting PMI’s MRTP application and the summaries are publicly available here. The agency will publish additional modules of PMI’s MRTP application on a rolling basis.

…中略…

Upon regulatory authorization by the FDA of PMI’s Premarket Tobacco Product application (PMTA), Philip Morris USA (PM USA), an Altria company, has an exclusive license to sell this electronically-heated tobacco product in the United States. PMI submitted the PMTA to the agency on March 31, 2017.

-Altria Press Releaseより

FDAのMRTPへの研究サマリーが公表されたことが記載されています。MRTPとはModified Risk Tobacco Productの頭文字をとったもので、iQOSのことです。またアルトリアがiQOSについてアメリカで独占的に販売できることを謳っています。

いよいよiQOSがアメリカで販売される算段が立ちましたね!!

まとめ

アルトリア(MO)は、タバコ銘柄ということもあり、将来的にも世間からの風当たりは冷たいでしょう。しかし、嫌煙家の方には申し訳ないのですが、喫煙者からするとタバコは人生を豊かにしてくれるものの一つなのです。私はPMとMOという2つのタバコ銘柄を保有しております。これには株式銘柄の魅力も勿論ありますが、喫煙者として世の中に対するレジスタンスでもあります。

これからも、この銘柄たちは応援します!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村米国株のポータルに飛びます、押して頂けると応援ポイントが入り、更新の励みになりますのでお願いいたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-投資日記
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

突発的な米国市場下落時に株を買い込むための効率的な資金待機方法

皆様、いかがお過ごしでしょうか。 最近、2歳になる姪っ子がお片付けを覚えました。例えば、鼻をかんだティッシュをゴミ箱まで自分で持って行って捨てます。その姿はとても可愛らしく、見ていてほのぼのした気持ち …

【中編】初心者が米国株投資をすべき理由-プラスサムで勝負-

  皆さま、GWが終わりご機嫌いかがでしょうか。私は今朝、頭痛が痛く、嘔吐を吐きそうで、目眩がくらくらしました。しかし、仕事に行けば意外と切り替えができ、なんとか休み明けの仕事をこなすことが …

no image

本日は保有銘柄のアルトリアの決算、さてどなるか

本日は米国株保有銘柄のひとつであるタバコ事業を営むアルトリア(MO)の決算です。 さて、どうなるか?   アルトリアからのスピンオフ企業であるフィリップモリス(PM)は、 2017/1Qの決 …

【米国株】複数の証券会社の銘柄を一括で管理する方法

皆様、こんにちは。 1年間の中で労働者にとって辛い時期が来ましたね。70日間の祝日がない地獄の毎日です。私はこの時期を「祝日ラマダーン」と呼んでいますが、定着する気配はありません。 それはさておき、現 …

【米国株】有名投資家の犬投資法のパフォーマンスが凄まじい

皆様、いかがお過ごしでしょうか。 どうでもよい知識を一つ披露しようと思います。 よくお爺ちゃんで眉毛や耳毛が凄い人いませんか? あれは昔から凄かったのではなくて、年をとると新陳代謝が落ちて、毛の生え変 …

検索


アラサー男ミゲルと申します。

現在の資産(2017年5月末時点)は、\51,007,335で投資奮闘中です。
→詳細自己紹介
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ